貯蓄性の高い

こどもが産まれたら学資保険を!

計画的に子供を育てていくのは簡単なことではありません。一般家庭であれば、家庭は経済的な圧力を受けることになります。
二人のときはまだしも、子供が増えることで確かに喜びも大きいのですが、ストレス、経済的な圧力が増えるのは間違いありません。
そこで、考えることができるのが、学資保険です。子供が生まれてすぐに加入することで大きなメリットがあります。

学資保険に加入することで、少なくとも経済的な圧力を減らすことができます。教育費は一番お金がかかりますが、一番のダメージはまとめて支払わなければならないといけない点にあります。
もしそれを支払わなくて良いなら相当、ダメージが減ります。子供が生まれてからすぐに学資保険に加入することで、毎月の保険料も安くなりますし、それだけではなく、入学の時期に合わせて満期にしておけば、教育費が必要なその時にまとまったお金を受け取ることができます。
生まれてすぐというのもポイントです。大体の学資保険が7歳までに加入することが求められますし、大きくなればなるほど、当然ですが、保険料は上がってしまうからです。
子供が生まれる前から配偶者と相談し、生まれたらすぐに加入すれば、スムーズに物事を運ばせることができます。
学資保険の保険料の支払い方法は、ポイントが貯まるクレジットカード払いがおすすめです。
▼こちらのサイトにも詳しく学資保険について書かれているので参考にご覧ください。

このページの先頭へ