貯蓄性の高い

学資保険と普通の貯金の違いって?

学資保険は、子供が生まれて直ぐに加入することで、毎月決まった保険料を支払っていきます。そして、一番お金が必要になる時期にお金を受け取ることができます。
いきなり何十万円と支払うことが簡単ではないので、毎月少しずつ先に保険料として支払っておくという考え方です。
そこで思うのが、では、普通の貯金でもいいのではないかという点です。そうです、実は貯金でもいいのです。

要するに同じことをしているからです。
しかし、主な違いとしては、貯金の場合はついつい後回しになってしまって今月は積立ができなかったということがありますが、保険の場合は確実にお金を取り分けておくことができるので、その点で心配を軽減することができます。
もし、お金の管理が少し苦手であるならば、学資保険がおすすめです。

もう一つが、普通の貯蓄の場合は当然ですが、保険はつきません。しかし、学資保険はその名の通り生命保険の一種ですので、保険加入者、被保険者に何かのことがあった場合に保障があります。
それ以降は保険料も免除されるのです。
この保険である理由により、受け取れる金額が少しだけ少なくなってしまうこともありえます。その点貯蓄は100%積み立てた分、使えるというメリットが存在しています。

このページの先頭へ