貯蓄性の高い

利率を考えて学資保険を選ぶ

学資保険加入前に確実にチェックが必要になってくるのが返戻率です。これは、自分が支払った保険料に対していくら戻ってくるのかという利率になります。
例えばですが、保険掛金を全てで200万円支払ったとします。では、満期になったときに受け取った金額が200万円ならちょうど100%戻ってきたことになります。
なんと保険の種類によってはこの利率が110%を超えてくることがあります。銀行に自分で貯蓄したとしても利率などしれています。あってないようなものです。

しかし、学資保険であれば賢く選べば、受け取る金額もかなり増えることがあるのです。
ですから、保険料、保険内容も確かに大切ですが、利率を考えることが大切になってきます。利率のよい学資保険には、日本生命のニッセイ学資保険です。毎月2万円を超えてきますが、それでも利率はなんと120%を超えてきます。
また、フコク生命みらいのつばさです。これも利率が117%を超えてきます。

このように、保険商品によって、また保険会社によって返戻率が変わってくるのです。真剣にお金のことを考えて加入するのであれば、こういった保険を利用するべきです。
そうすれば、いざという時にもすぐにお金を支払うことができ、非常に助けられます。
学資保険Q&Aでは気になる事が沢山書いてあるようなので是非ご覧ください。

このページの先頭へ