貯蓄性の高い

学資保険のメリット・デメリット

学資保険を考えるときに、最初に理解しておくべきことがあります。それがメリット、デメリットです。
メリットはたくさんあります。
まず、保険ですので保障がしっかりとしています。もし被保険者、保険加入者に万が一の時があった場合に保障が効きます。

貯蓄ではこうはいきません。貯蓄の場合は、お金はしっかりと返ってきますが、保障がないので、万が一の事が発生したときは他の保険で何とかする必要があります。
もう一つのメリットは確実に保険金を掛けていくことができます。自分で貯蓄の場合はこうはいきません。
使ってしまうことがあるからです。確実に貯めていけるメリットが存在しています。

しかし、いい点ばかりではありません。
デメリットも存在しています。一番のデメリットは元金割れすることがあるということです。つまり、満期http://minnieshouse.jp/mannki.htmlになっても自分が掛けた保険料が全て確実に戻ってくるというわけではないのです。
これを%で表したものを返戻率といいます。ですから、学資保険の加入前にその返戻率をチェックして100%以下の会社を選ばないようにしないといけません。
もう一つのデメリットが、できるだけ早めに学資保険に加入しないと、毎月の保険料がどんどん上がってしまうという点です。この点で融通が利きません。

このページの先頭へ