貯蓄性の高い

学資保険はなぜ必要なの?

学資保険は確実に必要というわけではありませんが、上手に家計、とりわけ教育費をやりくりする上では欠かせないものです。
どうしてかというと、教育費と一言で言いますが、実際に支払うときは大体決まっています。
それは小学校、中学校、高校、大学の入学時です。つまり、この時に合わせてお金が準備できれば、他のときはそこまで大きな金額が必要になることはありません。

そこで加入できるのが、学資保険です。普段通りの生活をしていて、入学時に急にまとまったお金を支払うのは簡単なことではありません。
しかし、子供が生まれてすぐに学資保険にさえ加入しておけば、毎月5千円~1万円ほどでお金を貯めていくことができます。
入学金が必要な時に、払い戻してもらうことができるので、経済的な圧力が少なくて済むというわけです。

これだけではありません。保険の一部ですので、当然ですが、保険加入者、被保険者に何かがあり、引き続き支払うのが難しい場合でも、保険料は免除され、満期になるとお金を受け取ることができます。
これが非常に大きなメリットとなります。
自分で貯蓄する場合は、もし自分の身に何かあったときはストップしてしまいますが、学資保険であれば、それが免除されながらも受け取ることができるのです。


このページの先頭へ