貯蓄性の高い

失敗しないための学資保険の選び方

学資保険に加入する前にきちんと特徴を理解して置くことが大切です。では、失敗しないためにどんな点に注意する必要があるのでしょうか。
まずは、学資保険に入る年齢です。これに関しては、早ければ早い方がお得です。当然ですね、満期までの期間が長ければ長いほど毎月の保険料は少なくて済みます。
ですから、保険会社によっては生まれる前から入れるものもあるので、そういったものを選べば、毎月の負担が更に少なくなります。

逆に小学校を入学する時期まで待ってしまうと、毎月の保険料は相当なものになってしまうので注意が必要です。
このように加入時期も大切ですが、同じほど大切なのが、入る目的です。
なぜなら目的に合わせて保険を選ぶことになるからです。本当にお金のやりくりのためだけであれば当然ですが、返戻率が高いに越した事はありません。

よって貯蓄型の保険を選ぶことができます。しかし、もし万が一の保証内容を充実させたいのであれば、基本的にかんぽなど学資保険の歴史が長いところを選ぶことができます。
このように入る時期、加入目的をしっかりしておけば、選ぶ際に悩むことも、加入後になぜこんなところにしてしまったのかと後悔することもありません。
事前の計画がものをいいます。
学資保険の耳寄り情報・豆知識についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ