貯蓄性の高い

知っておきたい!学資保険の基礎知識

何でもそうですが、まず始める前に理解することが大切です。学資保険も勧められるままに入るのではなく、しっかりと理解した上で選ぶことが大切です。
そこで、学資保険の基礎について知っておくのは重要なことです。
まず、学資保険は年齢制限http://www.waybetterunitedway.org/10sai.htmlがあります。まあ、そのうち考えればいいかでは間に合いません。基本的に多くの保険会社が生まれてから小学校入学まで、つまり7歳までというルールを作っています。

しかも、その年齢まで加入させてないとなると、毎月の保険料は当然高くなってしまいます。
ですから、加入することを考えるのは子供が生まれたあとではなくて、その前に考えておくことが必要になってきます。
更に覚えておきたいのは、保険契約者が自分になりますが、被保険者は子供という形になります。

保険契約者の身に何かがあって引き続き支払いをするのは難しいという形になってしまったときには、その後の保険料は支払う必要がありません。
これにより、自分で貯蓄するより安心感を得ることができます。
もう一つ考えておきたいのが、返戻率です。これは自分が毎月掛けた保険料に対して、満期になった際にどれだけ返ってくるかというものです。
これが100%を超えていればお得です。

このページの先頭へ