貯蓄性の高い

学資保険の貯蓄型・保証型ってどう違うの?

学資保険は大きく分けると二種類になります。それが貯蓄型と保証型になります。
貯蓄型の場合、メインで考えられているのが、返戻率になってきます。これがどういったものかというと、学資保険は教育費を子供が生まれてすぐに積み立てて行くようなものです。
一括で払うと結構な値段がする教育費ですが、それを分割で払うことができれば負担が減ります。かといって、掛けた保険料より低いお金しか受け取ることができなければ損した気持ちになります。

そう言った人は貯蓄型の学資保険に加入することができます。そうするなら、100%お金が返ってきます。
もう一つが保証型です。
この保証型に関しては、掛金が100%以上自分のところに戻ってくるということはありません。どうして元本割れしてしまうかというとそれにはきちんとした理由があります。

それは、保障がしっかりとしているのです。学資保険は生命保険の一種ですので、保険内容http://www.rostudent.com/hosyou.htmlも充実させることが可能です。
万が一に備えて手厚い保障をつけたいのであれば、保証型の学資保険を選ぶことができます。
内容によっては、学校での怪我、友達を怪我させてしまったそういった場面でも利用できるものがあります。
お金を重視するなら、貯蓄型、保険内容を充実させたいのであれば、保証型です。

このページの先頭へ